なないろDreamer

落差の激しいアイドルが好きなDDオタク @nita_mago_5

まだ曲を聴いてないのに朝顔考察してみた

私へ

f:id:kinomithedreamer:20180824002128j:image

いい加減諦めてiTunesカード買え

 

 

ということでまだ朝顔聞けてません(白目)

でも歌詞が良すぎるのでとにかく考察がしてえ!!!!!ということで

 

私立恵比寿中学 朝顔 の歌詞深読み考察〜〜〜!!!(需要とは)

 

 

周りの話は聞かない主義なので書きますね(クソ)

⚠️まだ歌詞しか見ていない状態です。また私主観の的外れの可能性が高すぎる考察なので一つの意見として見ていただければ幸いです。

 

 

まず朝顔花言葉から。

朝顔全体

「愛情」「結束」そして「明日もさわやかに」
紫色
「冷静」
青色
「はかない恋」
白色
「固い絆(きずな)」「あふれる喜び」そして「あなたに私は、からみつく」

 

これと歌詞を見る限り朝顔全体の「愛情」と「明日も爽やかに」をベースにしてるのかな…?と思います。

サイダーを飲みながら進もうか なんかは特に明日も爽やかに にぴったりあってる気がします。

でも意外と青色の「はかない恋」でも辻褄が合う部分は多いような気もするし、私が初めて歌詞を読んだ時はそういった感情を抱いたので、今回はそういう感じの(???)考察を書いていきます。

 

 

 

アパートのベランダ、深夜に朝顔が咲いてます。

ねえ、太陽じゃないんだよ、これは蛍光灯の光だよ。

だまされてるとも気づかないで、それでも、綺麗に綺麗に綺麗に、

咲いてくれて ありがとう。

 

この話の主人公は地方でアパート暮らししてる大学生ですね(始まったぞ)

深夜にベランダでたそがれていたらカーテンをつけてない部屋の明かりを受けて綺麗に咲いている青い朝顔、、、

朝になったら昇る太陽の光で咲くはずなのに、真夜中に蛍光灯の光なんかで花開いてしまっている朝顔。それでもとても綺麗だから思わず「ありがとう」という言葉がこぼれる。

 

という情景描写をしたんですが(長い)(この調子で書くのか)

だまされてるとも気づかないで、というフレーズがすごい重みがある。

太陽ではなく、蛍光灯→片思いしている相手からのちょっとした嬉しいことで舞い上がってしまう(でもそれは向こうが自分に好意を持ってしている訳では無い)という自分への置換え?

それに気づかない(フリをしている)けれど、とても嬉しい、あるいは自分の気持ちがより一層膨らんでいることが蛍光灯に照らされて咲いてしまう朝顔に重ねているのではないかな、と思いました。これで伝わります???(語彙力)

 

 

 

今朝の夢の中に 少年が出てきたの

「23歳になったら結婚しよう」(なんて)

小6の夏休み 約束してたこと

急に思い出したんだ

 

夢の中に12歳、つまり小6の頃仲良かった人が夢に出てきます。これが今片思いしている人かどうかは皆さんのご想像におまかせします(マジかよ)

意外と地元の同級生でポツポツ結婚を前提にして付き合ってる〜とか結婚する〜みたいな人が多いんでしょう、心の中で「エッ私は…??」という気持ちから夢を見ます。そこで「23歳になったら結婚しよう」という約束を思い出すんですね〜!!!カワイイ!!!(意味がわかりません)

 

 

毎年行った 夏祭りのくじ引き

ぐるぐる回しても 金色は一度もでない(小林)(残念賞)

 

ここ〜〜〜〜〜〜作詞者が天才

(何様)(謝れ)

何度頑張っても空回りしちゃう感じがこの歌詞にぎゅっと濃縮されてる〜〜〜🤦‍♀️🤦‍♀️

地元の祭りで何回やっても出なかった金色。

今頑張って自分から動いても進展のない関係。

それを「毎年行った夏祭りのくじ引き」で表現するのは天才でしかないです、、、すごいヨ、、、

歌詞どこのやつ見ても(小林)って入ってんの一体なんなんだ…

 

 

今宵も朝顔 元気に

ベランダで笑ってんだ

私の痛みを吸って咲いたような

約束を破ります

私 まだまだ咲くね

太陽はいつも 心の中にあるから

 

毎日蛍光灯で咲き続けるベランダの朝顔

叶わなさそうな恋心を肩代わりしてくれるかの如く立派に咲いているんでしょう。

「約束を破ります 私まだまだ咲くね 太陽は心の中にあるから」

これはきっと朝顔の習性(?)である朝に咲くということを超えて、心の中にある太陽に照らされることでまだまだ頑張るぞ、という気持ちの表れではないでしょうか。ホントに語彙力がクソすぎて泣ける。

 

爪を切るたんびに 焦っちゃうけれど

マニキュア塗るたびに 強くなる(wo wo wo)

 

これマジ女子でネイルする人絶対共感したよね(決めつけるな)

特にマニキュアの方!!!!私はなんかネイルを塗ったりつけたりした時は女子力装備した!!!ウェイ!!!!!!みたいな気持ちになるのですごいわかるんですけど…共感待ってます❤()

 

 

 

言葉にできない言葉に埋もれて

大人になるのでしょうか

夏より熱い 季節があること

あの日の私は知らないでいたんだね(you’re so cute)

 

片思いってほんとに言葉にできない言葉がめっちゃ出てきますよね特にこう叶わない恋って尚更、、、(何かを思い出した顔)(号泣)

それは置いといて(白目)

恐らくここで何かが起こったはずです。合コンで出会ったいい感じの人と関係が縮まったとかみんなで海に行った時にときめくことがあったとかそんな感じです(適当)

そして小6ないし先日までの自分が知らない「夏よりも熱い季節」とやらを体験したんじゃないでしょうか(どんどん雑になってきてる)(意外とまだ3000行ってない)

 

 

 

今宵も朝顔 元気に

街灯に笑ってんだ

ルールなんてないから自由に咲けと

約束を破ります

夢は変わり続けるさ

今の自分を 真っ直ぐに見つめていよう

 

この夜もいつも通り朝顔は咲きます。

でも彼女の心境は何か違う。

新しい別の何かを見つけたから。

それは恋なのか夢なのかなんなかはわかりませんが、恐らく彼女はずっと恋心ないし未練を引きずっていたのでしょう。それが「夏よりも熱い季節」によって塗り替えられた、もしくは過去を精算することができた、だから「ルールを破って自由に咲こう」「今の自分を真っ直ぐに見つめていよう」と思えるようになったのではないでしょうか。

 

 

どんなにかっこ悪くたって 私は私の花を咲かせます。

いつかまた、それぞれの花を持って会えたらいいね。

そしたらまた恋をしようよ。

 

何かをきっかけにこの主人公はほんとに強くなって、過去を精算することに成功したんだなぁとわかるフレーズだなと感じました。

朝顔ではなく、「私の花」、「それぞれの花」になったことですごく彼女の心が力強くなった気がします。

そしてその状態で「そしたらまた恋をしようよ」

惚れてまうやろ(黙れ)(黙れ)

 

 

今宵も朝顔 元気に

ベランダで笑ってんだ

私の痛みを吸って咲いたような

約束を果たします

変わるけど変わらないよ

今の自分を真っ直ぐに見つめていよう

 

最初の4行は1番の歌詞と変わらないのですが、残りの2行が1番とは大きく変わっています

 

私 まだまだ咲くね

太陽はいつも 心の中にあるから

から

変わるけど変わらないよ

今の自分を真っ直ぐに見つめていよう

 

1番はまだ「毎年行った夏祭りのくじ引き」で金色を出そうとしているような焦りが見える気がします。一方でここでは現状を受け止め、変わるけど変わらない 今の自分を真っ直ぐに見つめる といった言葉から心境の変化が伺えるように感じます。

 

 

未来は足元に転がるよ

サイダーを飲みながら進もうか

 

未来は足元、意外と近くに転がっている。

夏によく飲むサイダーでも飲んでゆっくり進んでいこう。そんな感じがこの歌詞から伝わってくるような気がしました。

この最後のワンフレーズが、あまり気負わずに進もう、と言われてる気になります。私はこのワンフレーズがとても好きです。

 

 

 

 

 

歌詞考察ド下手すぎるのでもうしません(ヒント:学習しないヲタク)